県内の特殊詐欺の被害は、6月末で、3億円を超え、特に高齢者を狙ったオレオレ詐欺が、昨年に比べ、件数、被害額ともに大きく増えています。また、消費生活センターには、高齢者からの悪質商法に関する相談が後を絶たない状況にあります。
 そこで、県民の方々に消費者被害防止に向けた意識を高めていただくため、「高齢者を消費者被害から守る警鐘CMコンペティション」を開催し、広く高齢者の消費者被害防止のためのCMを募集します。






 全国の個人または団体(アマチュアに限ります。)
※応募の時点で未成年の応募者は、当コンペティションへ応募する際に、保護者(部やサークルなど団体のメンバーとして参加する場合は監督責任者)の同意を得る必要があります。





 消費者被害防止のため、高齢者の見守りを家族や近隣の方、福祉関係者等に呼びかける動画作品を募集します。






30秒の動画(実写、CG、アニメーションなど手法は問いません。)
ファイル形式/m2ts、mp4、wmv、mpg、aviのデータ形式またはDVD-VIDEO形式
解像度/1920×1080・1280×720のHDを推奨、SDも応募可
アスペクト比/16:9
音声/2chステレオまたはモノラル






誰でも理解しやすく、覚えやすい表現や発想の作品を選定し、表彰します。
◯ 賞及び副賞/
最優秀賞(1作品、20万円)
優秀賞(2作品、5万円)
オーディエンス賞(1作品、1万円)
※受賞者が未成年者であれば、相当額の図書券とします。
◯最優秀賞受賞作品はイオンモール岡山内の街頭ビジョンでの放映を行います。
 また、各受賞作品は今後各種行事で広報啓発に活用します。
◯「オーディエンス賞」は、当Webサイトにて掲載される1次審査通過作品の中から、
 一般投票によって「いいね!」を最も多く獲得した作品に贈る賞です。















高齢者に多い「消費者被害」の例
オレオレ詐欺


 電話を利用して、親族や会社の上司、警察官、弁護士などをかたり、会社のトラブル等の名目でお金の振込みを要求する手口です。



架空請求詐欺


 覚えのない債務やアダルトサイト利用料をメールやはがきで請求し、それを見て電話してきた人にコンビニでプリペイドカードを購入させ、その番号を聞き出したり、口座に送金させたりする手口です。



還付金詐欺


 電話で公的機関をかたり、税金、保険料、医療費などの還付金があると偽って、スーパーなどのATMに誘導し、操作をさせ、お金を振り込ませる手口です。



点検商法


 業者が、屋根・外壁・床下などを「無料で点検をします。」と訪問し、点検した後、実際は違うのに「このまま放っておくと危険です。」などと不安をあおるようなことを言って、工事契約や商品・サービスの購入を迫る悪質商法です。消防署や水道局など公的機関の職員を装って来訪し、商品を売りつける手口もあります。



訪問購入


 「不要品を何でも買い取る。」と電話がかかり、古着などの不要品の買い取りを頼んだのに、訪問した業者は、不要品ではなく高価な貴金属や宝石、時計などを強引に二束三文で買っていく悪質商法です。












◯ 企画の趣旨に沿っているか
◯ 訴求力(PR力)
◯ 着眼点(テーマ選びや見せ方の工夫)
◯ 構成力
◯ 作品としての完成度






11月上旬…1次審査結果発表・一般投票開始
11月中旬…一般投票締め切り
12月上旬…2次審査結果発表
12月中旬…表彰式
12月下旬…最優秀賞受賞作品のイオンモール岡山内の街頭ビジョンでの放映と、
     受賞作品・1次審査通過作品の応募作品紹介ページへの掲載








〈お問い合わせ〉
高齢者を消費者被害から守る 警鐘CMコンペティション事務局
〒700-0824 岡山市北区内山下1-3-1[(株)ビザビ内 / 担当:馬場・稲村)]
TEL.086-224-7171 FAX.086-234-9532